So-net無料ブログ作成

普天間、決着先送りに言及=「6月以降も努力」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「6月以降も詰めるところがあれば当然、努力する」と述べ、明言してきた「5月決着」の先送りに初めて言及した。政府は既に、米国や移設・移転候補地の自治体、連立与党の合意を得ての月内決着を断念しているが、首相自ら認めたものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はまた、平野博文官房長官が鹿児島県・徳之島の徳之島町議5人に基地機能移転への協力を求めたことに関し「大変厳しいという話は聞いた。ただ、(地元の)意見を伺うのは大変大事なことだから、これからも続けていく必要があるし、政府の考え方に理解をいただけるようにしていく」と述べ、粘り強く地元に働き掛けていく姿勢を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

【from Editor】開花促す春風のように(産経新聞)
<ケイマフリ>“海のカナリア”根室沖を悠々と 北海道(毎日新聞)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と−大阪府警(時事通信)
国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。