So-net無料ブログ作成

有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)

 老人福祉法の有料老人ホームとみられる施設のうち、29都府県の389か所は依然として無届けのままであることが13日、厚生労働省のまとめでわかった。

 調査が行われたのは昨年10月末現在。それによると、半年前の4月末時点で、446か所の無届けホームが確認されていたが、うち44か所は食事の提供がないなど、有料ホームに該当しないことが判明。反面、新たに163か所が有料ホームとみられる施設なのに、都道府県に届け出ていなかった。

 届け出を指導した結果、応じたのは約3割の176か所だけ。差し引き389か所が無届けのままになっている。入居者の待遇に問題があることで改善指導を受けたのは、届け出た施設を含む213か所だった。有料ホームに関する国の指針では、「居室は個室」「入居者1人あたりの床面積は13平方メートル以上」などと定めてあるが、1部屋に複数の人が生活したり、居室面積が狭かったりするなどの問題点がみられた。

<訃報>春風亭栄橋さん70歳=落語家(毎日新聞)
元女性の夫、人工授精の子は「非嫡出子」…市が要請(読売新聞)
<携帯充電器>設置巡り賠償訴訟相次ぐ 説明通りの収益出ず(毎日新聞)
寒気 九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。